FC2ブログ
日々の日記とおすすめものの紹介
page top
やっとやっとのJCOM(ワールドカップ対策)
J:COM、国内CATV初のHDD搭載STB導入開始
?HD2番組同時録画対応。月額840円の追加で利用可能(AVWATCH)


ワールドカップを控えたこの時期にこのニュースはかなりビッグニュースです。
「4月15日より視聴可能なエリアは関東のみで、3月15日より申込みを受け付ける。また、関西、九州、札幌エリアは5月15日開始で、4月15日よりサービス受け付ける。(AVWATCH)」

JCOMアナログTV契約している人は毎月約2千円(年間2万4千円)追加でデジタル放送も観れて、録画できる。
番組の録画に関しては、いままであたりまえのことが、できなかった。
非常に使いにくくて事実上、予約録画してみるとか、できなかった状態に近いJCOM。
やっと人並みになってくれましたか。

実は一般の人が使うには十分である。

・アナログ契約している人には番組表やリモコン操作など非常に便利になる。今のアナログ放送の録画予約は4桁の文字しか表示できないチューナーでは非常にめんどくさくてとても実用的でない。
・録画機はハードディスクという壊れやすい消耗品なので買うより借りる方が得。
・ハイビジョン対応録画機を新調してデジタル対応しても、マンションなどJCOM強制加入の居住環境の方には、スクランブル放送の関係でデジタル放送はハイビジョン録画できない現状。(将来はできるようになる予定だが時期は未定。最低2?3年はかかる)
・録画しながら追っかけ再生ができる。
・ハイビジョン画質で録画できる。
・コピーワンスなど規格がまだ、変わりそうな様相。

ということも考えれば非常にお得な話です。
今回のワールドカップはこの方法で切り抜けようかなぁ?。
ワールドカップ期間のみ契約という手もあるなぁ?。

少なくとも追っかけ再生ができないRECPOTという選択肢はなくなりますね。
マンションなどJCOM強制加入の居住環境の方が、時差の大きいドイツでの開催のワールドカップに備えるにはこれが一番いい選択だと思いますよ?。
JCOMは今まで需要には全く見向きしないで録画機対応は最悪でしたが、これで少しは見直しました。
スポンサーサイト



page top
正月明けから新製品情報がてんこもり?
正月明けから新製品情報がてんこもり?

いよいよフルハイビジョンDLPが登場ですね!



DLPプロジェクター新製品情報

シャープ(AVWATCH)
  • 「XV-Z20000(2006年第三四半期頃:15,000ドルあたり:1,920×1,080)」

  • 「XV-Z3000(2006年4月価格:3,499ドル:レンズシフト無:1,280×720)」

Optoma(AVWATCH)
  • 「HD81(10,000ドル:1,920×1,080)」

Marantz(音源出版)
  • 「VP-11S1(1,920×1,080)」





ま、私には縁のない話ですが・・・・。




また、こんな話も・・・・

「HDMI(High-Definition Mulitimedia Interface)」の次世代バージョン(AVWATCH)

また次の規格ですかぁ?。やはりまだまだ発展途上ですね。HDMIだと音質は最悪らしいですしねぇ?。



ま、ユーザーには買い時の選択を迷わすような規格ラッシュですね。

DVI→DVI(CPRM)→HDMI→次世代HDMIですかぁ?。


page top
DLPトゥルーハイビジョン・ドルビー新規格
© ちゃくブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG